ニキビ治療法の選択でよくある患者の間違いとは

ニキビ治療でよくあるのは、最新こそ最強と思い込む選択です。

新宿には自分のニキビの原因もわからぬまま、無理強いする患者もいるそうです。

注意を兼ねてお話ししましょう。

■最大の間違えはイメージによる選択。

ニキビ治療で間違えやすい選択は、「ニキビ治療は最新の療法がいいに決まっている」と患者が思い込むことです。

新宿や渋谷にはニキビ治療の名医がたくさんいますが、最近では医師の診断を受ける前に治療法を指定してくる女性が増えたそうです。

インターネットで何でもわかってしまう時代の弊害でしょうか?最新なら効くというわけではありませんし、何より専門医の見立てがいちばん大事です。

■医師でなければわからないニキビの原因。

新宿のニキビ治療専門クリニックに行くと、最新の療法を含めて5~6の療法を揃えてくれています。

皮膚は内臓器官とつながっており、その異常のすべてが肌のコンディションとなって表面化しています。

何が原因か、この患者のニキビ治療にはどんな方法がいいかを決めるのは医師です。

気に入らないから、希望通りにしてくれないから、新宿ではなく池袋や渋谷に行ったという人もいます。

間違いだらけです。

■新宿はニキビ治療専門のクリニックの集約基地。

最適な療法の選択は医師に任せてじっくり向き合いましょう。

患者の判断の多くは、ネットによるにわか勉強に端を発しています。

しかしその多くが、自分には関係なく、イメージだけで“最新の療法”を理由にして選んでいます。

それを医師に無理強いするなどとんでもないことです。

注意しましょう。