結婚指輪は「指輪交換」のメインになるアイテム、ゆっくり選んでも結婚式までには間に合うように入手しておきたい

結婚指輪がアップグレードしてもいい

婚約指輪と違って、結婚指輪は多くの人が毎日身に着けることを想定して選びます。

もちろん、仕事や他の理由で、宝飾品を身に着けられない人もいるので、外した状態で保管する人もいるでしょうが、薬指に結婚指輪をしているということは、結婚しているというしるしにもなります。

そのため、結婚指輪には装飾性よりもシンプルさを重視し、どんな洋服にも合うようなリングを選びたいとか、職場でも悪目立ちしないようなタイプのものを選びたいという選択肢もあるようです。

結婚指輪は何年も身に着けているうちに、表面に細かい傷がついてしまったり、サイズが合わなくなって来たりすることもあります。

メンテナンスをきちんとしてくれるお店で選んでおくと、修理に出す時も便利です。

もう一つの考え方は、どうせ毎日つける結婚指輪なんだから、それほど高価なものを購入する必要はないという考え方です。

結婚に際してさまざまな準備に優先したいことがあれば、そちらを優先してしまおうという考えで、むしろ結婚指輪はそこそこの価格で妥協してしまおうというやり方です。

結婚指輪は結婚記念日の区切りごとに、少し良いものに買い替えるというのも人気。

【記事ピックアップ・・・「『いい夫婦の日』に結婚指輪を買い替えよう」 – SankeiBiz(サンケイビズ)

そのために、スイートーテンダイヤモンドなどのキャンペーンも盛んに行われています。

記念日ごとにアップグレードされる結婚指輪は、二人の歴史の積み重ねをあらわすもの。

結婚指輪を買い替えるという考え方も、ここ最近人気が出てきたリングへの考え方のひとつです。