ホルモン分泌の乱れが原因のニキビ、クリニックで治せる?

ホルモン分泌の異常がニキビ発症の要因となっているケースは良くあります。

ニキビ治療を続行することにマイナスはありません。

提案を含めお話ししておきます。

■環境・体質改善から始める必要性もある。

女性ホルモンの分泌の乱れが、ニキビの原因になっていることは良くあります。

会社での人事異動、家庭でのもめ事、ストレスなどでもホルモン分泌のリズムが乱れ、ニキビができはじめることがあります。

出産後の女性のニキビは、食生活というよりホルモンに関係しています。

このような場合のニキビ改善は、患部へのダイレクトな照射で治すニキビ治療ではなく、体質改善・アンチエイジングを兼ねたニキビ治療が効果的です。

■いま通っている新宿はニキビ治療のメッカ。

ニキビ治療の名前で言うと、「フォトRF(IPL+RF)療法」などがあります。

ニキビ治療の最新版ですが、肌のシワ・シミ、黒ずみなどの改善にも効果があるとされています。

新宿・渋谷はニキビ治療のメッカですから、駅前を中心に探せば必ずこのようなニキビ治療の最新治療を受けさせてくれます。

いま通っている新宿のクリニックの先生にまず相談してみましょう。

■ホルモン分泌の異常とニキビはつながっています。

現在の医師もそれを踏まえているはずですから、ニキビ治療はつづけても大丈夫です。

ホルモンの分泌異常でもニキビは起きます。

したがってニキビ治療を続けることにマイナスはありません。

原因としては、食生活や職場でのストレスでホルモン異常が起ることもあるので“新宿の医師”に話してみてください。

★気になる食生活(オススメ美容食)をチェック…http://news.livedoor.com/article/detail/14291220/