結婚指輪は「指輪交換」のメインになるアイテム、ゆっくり選んでも結婚式までには間に合うように入手しておきたい

結婚指輪を製造するプロセス

結婚指輪はどんなプロセスで造られているのでしょうか。

多くの結婚指輪や婚約指輪は、溶かした金属を型に流し込んで成型する鋳造と言われる生産方法を取られます。

また、昔ながらの金属を熱してハンマーなどで叩いて造る鍛造法も貼ります。

叩くほどに金属の中の空気やガスが抜けて、その分金属の強度が増します。

手間暇のかかる製造方法です。

村の鍛冶屋の童謡の頃から、叩いては強度を増していく金属で、こうした工程を利用して、金属の表面に木目のようなパターンを作り出すリングデザインもあります。

地金のデザインに凝ったタイプのデザインが楽しめます。

この二つの製造方法を考えると、大量生産型の結婚指輪は鋳造によって造られていることがわかります。

コストを考えても、鍛造で創りあげるリングは高価なものになります。

また、そうした製造法で一つ一つリングを造るには、技術力のある職人が必要になり、絶対数はどうしても少なくなってしまいます。

結婚指輪や婚約指輪に限らず、ジュエリー市場のほぼ99%と言われる圧倒的多数は、鋳造によるものです。

ゴム型で原型を作り、ワックス原型をワックスツリーに組み立てて、埋没作業で鋳型に空洞を作り、そこに溶かした金属を流し込んで加圧鋳造や底注ぎ方式でキャストツリーを作ります。

たくさんのリングやパーツが樹木のようになっているので、ツリーの名前で呼ばれています。

できあがったツリーは高圧洗浄、薬品洗浄され、一つ一つ切り離されて製品化されていきます。