ニキビ治療を考えているならクリニックへ

ニキビをエステサロンで改善しようと考える人がいますが、ニキビ治療と美肌づくりを混同するのは危険です。

新宿には名医も多いので、迷わずクリニックを選択しましょう。

違いをお話しします。

■出力の弱い機械で美肌づくりの一環。

結論から言ってしまうと、美容サロンなどで行なっている施術は「美肌の一環」というサービスで、ニキビ治療とは似て非なるものです。

まずエステ施術者は医師ではないので、レーザーマシンなど使っている機械も出力の弱いものです。

家庭用美容機器の延長にあるものなので、ニキビ治療を受けたとしても効果はありません。

新宿のエステでも過去にそのようなことから苦情を受け、メニューを取り下げたサロンがあります。

■施術と治療とはまったく違う行為。

そもそもサロンの施術者は医師ではないので治療はできません。

肌質診断といっても拡大鏡を覗いて、荒れている、乱れている、保湿と改善が必要など、表面的なことばかりで本質的なところの改善には踏み込んでくれません。

また施術者の未熟度が高いこともあって肌のトラブルが起きています。

弱い出力でも規定以上の照射をすると赤く膨れあがってニキビを重症化させます。

治療や診断は医師の専門の機械でないとできません。

■美肌づくりはサロンで、治療はクリニックでという立分をはっきりしておきましょう。

同じ新宿にでも、優秀なニキビ治療専門クリニックは多数あります。

サロンと医療機関とでは行為がまったく異なるので注意が必要です。

同じ新宿圏内にも、ニキビ治療のスペシャリストがいるクリニックは多数ありますので、そちらを選択してください。

ニキビ肌を悪化させては業務に支障が出ます。